ヒアルロン酸注入に失敗した!?よくある原因と対処方法、そして対策方法を紹介!

ヒアルロン酸注入

最近、当院では「他院のヒアルロン酸注入を受けて失敗したので治して下さい…」と相談を受けることが増えました。

その経験を踏まえて、一体どんな原因でヒアルロン酸注入に失敗される患者が多いのか、そしてどう対策すれば良かったのか、ご説明します。

美容クリニックが出来る、もしも失敗した際の対処法も合わせて解説しますので、ぜひご参考下さい。

動画でも解説
YouTubeにもヒアルロン酸の種類についての内容をお話しています。
ぜひご視聴ください。

(動画時間:約7分半)

ヒアルロン酸注入とは

ヒアルロン酸注入とは、ヒアルロン酸を体内注入する治療です。

多くの美容効果を生み出すことが可能であり、美容治療の中でも知名度、人気度の高い施術となっています。

しかし、その効果は施術者の腕やセンスによるところも。

成功して喜ぶ人の方がもちろん多いですが、一部、好みの美容効果を得られず、悲しい思いをしている人もいるのです。


【失敗例はこちら】

ヒアルロン酸注入で失敗したら?

【現状】今の状態の何が嫌なのか
【原因】どうして失敗してしまったのか
【理想】どのように修正したいのか

美容治療の失敗を正しく対処するためには、上記の3点をしっかり考えましょう。

ヒアルロン酸注入の失敗に多い原因

美容治療の失敗は、単純な施術の腕前だけで起こるとは限りません。

例えば「施術担当医が美しいと思う姿」と「患者が美しいと思う姿」の違いによって生まれる失敗もあります。

理想の姿は、人それぞれ。ときには施術担当医が良かれと思って提案した姿が、患者にとってはイマイチだったりします。

専門家の言うことなので…と、断れないまま施術を終えると、そこに自分がなりたかった姿はないかもしれません。

もしも自分の理想とは違う形になる施術を提案された際は、言いづらいかもしれませんがしっかり断るか、しっかり話して美意識のすり合わせをしましょう。

ヒアルロン酸注入の失敗後の対処

修正を考える際に決める事は、その状態を活かしたいのか、今の状態を元に戻したいのか。

今の状態を残したいわけでなければ、今入っているヒアルロン酸を溶かすのも一つの手です。

その後に改めてお顔を拝見して、再度、ヒアルロン酸の入れ方や他の施術を検討してもいいでしょう。

また元に戻す場合は、クリニック側も患者様の元の状態を把握できる術があると助かります。

ヒアルロン酸注入の失敗をしない対策

ヒアルロン酸注入は、同じグループのクリニックであっても、施術者の美意識にかなり出来が左右されます。

施術者との話し合いも大事ですが、一番おすすめなのは、施術者の顔と症例を見ること。

そこには、その施術者の美しいと思っている姿が反映されているはずです。

派手な顔、自然な顔、自分を担当する施術者の好みにもアンテナを張って、どこで受けるか選びましょう。

安心安全に、自分好みの綺麗になれるヒアルロン酸注入を受けてください

ヒアルロン酸注入による変化は、患者様、施術者様のやりようによっていくらでも変化します。

当然、失敗は本コラムで紹介したもの以外にも、さまざまな要素が複雑に絡み合って起こるでしょう。

その複数ある失敗の可能性を、少しでも減らすのが対策というもの。

あなたが本コラムの内容を活用しつつ、素敵な美容治療を体験できれば光栄です。

もしもヒアルロン酸注入について悩みや質問がありましたら、お気兼ねなくお問い合わせを。無料カウンセリングのご予約も大歓迎です。

関連タグ:

PAGETOP