【メスで切らない】瞼のたるみを取る方法とは?たるみの原因、5つの美容治療を紹介!

美容知識・スキンケア

本コラムは、瞼のたるみを取る治療を紹介します。

瞼のたるみは、当院でも多くの患者様からご相談頂くお悩みです。

瞼のたるみを取る方法は「メスで皮膚を切るオペ施術」がよく挙げられますが、「切らないでたるみを取る治療」もたくさんあります。

瞼のたるみができるメカニズムの解説した後、おすすめの美容治療を5つ解説しますのでぜひご参考ください。

動画でも解説
YouTubeにも瞼のたるみを取る治療についてお話しています。
ぜひご視聴ください。

(動画時間:約9分)

瞼のたるみの原因

人の体はざっくり言うと「表皮・真皮・皮下組織・筋肉・骨」に層が分かれています。

そしてこれら層は全て、老化の影響を受けて形が変化し、たるみの原因となり得るのです。

このうち、例えば表皮だけ、骨だけを改善しても、たるみが改善されるとは限りません。

たるみの原因に合わせて、適切な層にアプローチしていくのが瞼のたるみを取る近道です。

瞼のたるみを取る美容治療5つ

  • サーマクール
  • スネコス注射
  • 脂肪溶解注射(BNLS注射)
  • ハイフ
  • ヒアルロン酸注入

上記が、これから紹介する瞼のたるみを取る5つの美容治療です。

それぞれどの層に効かせる治療なのかも合わせて解説していきます。

・サーマクール

サーマクールは、主に真皮層に効かせる美容治療です。

真皮層はコラーゲンなどの美容成分が大部分を占めている皮膚層。しかしコラーゲンは20代を境に大きく減っていきます。

サーマクールはその減ってしまったコラーゲンを増やし、5~10年前の肌状態を取り戻すと言われています。

また、サーマクールアイという目周りだけに当てるメニューもあり、目周りにある細かい小じわ・ちりめんじわなども気になる方はこちらおすすめです。

・スネコス注射

スネコス注射も主に真皮層に効かせる美容治療です。真皮層には美容成分の基となる線維芽細胞があります。

スネコスは線維芽細胞を活性化させて、エラスチンという皮膚の張りを出すために重要な成分の分泌を促進。

また、たるみだけでなく深いしわ・浅いしわにも効果があります。

瞼も施術できるので、目周りが気になっている患者様に喜ばれる施術です。痛みは少なく、この治療を受けられない人はほとんどいません。

・脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は主に皮下組織に効かせる美容治療。皮下組織は多量の脂肪が含まれている層です。

太りやすい人・痩せやすい人がいるように、顔の脂肪も増えやすい人、減ってしまう人がいます。

脂肪の重みによって瞼の皮膚がたるんでいる方の場合は、この脂肪溶解注射(当院はBNLSという薬剤を使用)がオススメです。

施術直後はボコッとしますが、数時間もすれば腫れもひいて、目周りがスッキリします。

●脂肪溶解注射(BNLS注射)について

・ハイフ

ハイフはリフトアップ治療として有名な美容治療です。

ハイフは顔全体に打つのですが、瞼のたるみ改善に効果があるのは額への照射。

ハイフを照射した部位は、緩んでいた筋膜が上がり、リフトアップします。

そのとき瞼も上に引っ張られるので、たるみが改善されるのです。

・ヒアルロン酸注入

人の体は肉だけでなく、骨も老化によって痩せていきます。

骨が痩せると今までその部分に支えられていた皮膚が落ちてしまい、たるみの原因に。

ヒアルロン酸注入で瞼のたるみを改善する場合は、主に額やこめかみ、眼窩上縁などの骨が狙いです。

痩せている骨をヒアルロン酸で補うことで、落ちてきてしまった皮膚を支えられるようになり、たるみが改善します。

瞼のたるみを取る治療の選び方

瞼のたるみを治す際、どの治療から受けるべきかは、患者様の希望・都合次第です。

どれくらいの期間がダウンタイムになっても平気か、いつまでに改善したいか、もちろん患者様の体質によっても、ご満足いただける治療は変わります。

上記で紹介した治療以外にも瞼のたるみを治す方法はありますし、皮膚を切るオペも即効性などの点で優秀な施術です。

しっかりクリニックと相談して、治療方法を決めましょう。

瞼のたるみを取ってパッチリ開いた目へ!

瞼のたるみは、皮膚を切らずとも、さまざまなやり方で改善できます。

表参道メディカルクリニックでは、オペをしている院もありますが、切らずに改善したいという患者様が多数。

そんなときに、本コラムで挙げたような施術などを提案して、治療を進めます。

オペも即効性があるのでどちらが良い悪いというわけではありませんが、切らない瞼のたるみ治療でご満足される患者様も多数いらっしゃいます。

瞼のたるみが気になっている・悩んでいる方はぜひ表参道メディカルクリニックに一度ご相談ください。

関連タグ:

PAGETOP