ほくろ・イボの除去を紹介!保険適用あり?施術の内容や料金を解説します。

美容知識・スキンケア

本コラムは「ほくろの除去」と「イボの除去」のお話をします。

どうやって除去をするのか、施術のダウンタイム・料金

保険が適用されるのかどうかも解説しますので、ぜひご参考ください。

動画でも解説
YouTubeでもほくろ・イボの除去についてお話しています。
ぜひご視聴ください

(動画時間:3分)

ほくろの除去

ほくろは主にこの2種類があります。

  • 膨らんでいるほくろ
  • 平らなのほくろ

膨らんでいるほくろの場合

膨らんでいるほくろの除去施術は保険が適用される場合があります。その場合は、クリニックが病理にほくろの組織を提出して、良性か悪性かチェック。

保険が適用されると保険会社からクリニックへ代金がおりるので、少ない費用で除去施術を受けられます。

膨らんでいるほくろの除去をしたいなら、まずは保険診療が受けられるクリニックに行ってみるのがオススメです。

平らなほくろの場合

平らなほくろや完全に美容目的の除去施術は自費扱いになります。その場合は、美容クリニックでほくろの除去施術を受けるのがおすすめです。

美容クリニックで受けるほくろの除去施術

ほくろの除去には、例えば当院であれば「炭酸ガスフラクショナル」を使用。レーザーでほくろを焼いて蒸発させます。

ダウンタイム

局所麻酔ができるのでほぼ無痛ですが、ダウンタイムは長いです。

ほくろは根が深いため、深くまで取らないと再発しやすいのですが、しかし深くやり過ぎると施術した箇所が数年間凹んだままになることも。

当院では必要以上に皮膚を深く削らないよう、何度も焼いては確認を繰り替えして慎重に行いますが、どこまで焼くかは施術者とよく相談しましょう。

イボの除去

イボは保険治療で除去しようとすると、液体窒素で焼いていくしかありません。

この方法はずっとクリニックに通い続ける必要があり、時間がかかります。

また、保険を適用する場合は取れるイボの個数が決まっています。

費用が高くても一気に除去したい、ダウンタイムを1回で終わらせたい人などは、自費で受けるのがおすすめです。

美容クリニックで受けるほくろの除去施術

イボの除去もほくろと同様に、当院では「炭酸ガスフラクショナル」を使用します。

ダウンタイム

ダウンタイムは長くみて1ヵ月程度。イボ取りは施術直後から2週間程度は軟膏とテープで保護ケアをお願いしています。

見た目的に何もなくなるまではまた数か月かかる場合もあるので、クリニックで施術医に聞いてみましょう。

ほくろ・イボを除去できる部位

ほくろ・イボは、粘膜にある部位でなければ基本的にはどこにあるものも除去できます。

ほくろ・イボの除去施術にかかる時間

1個だけ除去する場合だと、麻酔時間も含めて除去施術にかかる時間は5分程度です。

ほくろ・イボの除去にかかる料金

料金は当院の場合、
直径2mm以下で2,200円
直径3mmで3,300円 です。

美容クリニックの施術の中では比較的リーズナブルなので、他の施術のついでで除去を希望する患者様も多くいらっしゃいます。

ほくろ・イボの除去は表参道メディカルクリニックへ

ほくろやイボの除去は、医療知識や技術のない方が自分で行うと、皮膚に余計な傷を付けたり、逆効果になることがあります。

ほくろ・イボは、美容クリニックで意外と手軽に除去できますので、可能であれば医療機関で受けて頂くのがおすすめです。

ほくろ・イボにお悩みであれば、ぜひ一度当院へお気軽にご相談ください。ご予約はもちろん、電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

関連施術メニュー:

PAGETOP