紫外線に含まれる「UVA」「UVB」「UVC」を紹介!3つの種類の違い・影響を解説

美容知識・スキンケア

本コラムは「紫外線に含まれている光の種類」をご紹介します。

紫外線には”UVA” ”UVB” ”UVC”があるのですが、これらがどんな性質なのか知っていますか?

この3つの紫外線がそれぞれ、私達の肌へどんな影響を与えているのか簡単に、分かりやすく解説していきます。

紫外線とは?


紫外線は、太陽光のうちの1種です。

太陽光には波長の長さ順に「赤外線・可視光線・紫外線」の3種類があります。

さらに紫外線は波長の長さ順に「UVA・UVB・UVC」の3つに大別されます。

紫外線に含まれる光の種類3つ

  • UVA
  • UVB
  • UVC

・UVAとは

UVAは3つの紫外線の中でも長い波長(315-400nm)を持つ光です。太陽から地表へ届く紫外線は、このUVAが9割を占めています。

UVAは肌に当たると皮膚表面だけでなく、もっと深く(真皮層)にまで侵入するのが特徴です。

肌の内側からも張りや弾力を弱らせ、今あるシミをより濃くする作用を持ち、そのダメージは目に見えずとも蓄積していきます。

UVAは雲やガラスを透過する性質を持っているため、くもりの日や室内にいる場合でも注意が必要です。

・UVBとは

UVBはUVAの次に長い波長(280-315nm)を持つ光です。UVBの量は紫外線の約1割のみ。

しかし降り注ぐ量が少なくとも、UVBは短時間で皮膚の表面に強く影響を与えるのが特徴です。

日光に当たり続けて肌に赤みや色素沈着(シミ)が生じるのは、なんと7割以上がこのUVBの責任と言われています。

UVAのような透過性はなく日傘などで対策が可能です。

・UVCとは

UVCは3つの紫外線の中で一番短い波長(100-280nm)の光です。

太陽から地表へ降り注ぐ前にオゾン層で全て吸収されるので、基本的に私達の肌へは当たりません。

もしも肌に当たれば、人体への影響としては目の角膜炎や皮膚がんの発症など、強いダメージを引き起こす最も有害な紫外線です。

UVCは今後、環境汚染などでオゾン層の破壊が進んだ際に、地表に到達する可能性があるのではないかと言われています。

日焼け止めの塗り方


紫外線対策には日焼け止めの塗り方が大事です。

日焼け止めの効果をしっかりと効かせるためには、肌へ1㎠あたり2mgほど使うのが適量と言われています。

例えば人の顔の面積は大体300~400㎠程度なので、日焼け止めを顔全体に塗る場合は600~800mgほど使うということ。

500円玉くらいの大きさを目安にして手に取れば、この量に近くなります。ぜひやってみましょう。

紫外線をしっかり対策して老化を防ごう

紫外線は美容好きの方が忌避するシミ・シワ・たるみなどなど、さまざまな症状の原因です。

しかし、逆に紫外線をしっかり対策すれば、肌の老化は8割も抑えられると言われています。

表参道メディカルクリニックでは、日焼け止めアイテムをたくさんご用意。医療機関でしか手に入らないコスメもあるので、ぜひチェックしてみてください。

カウンセリングもお受けしていますので、あなたに合うスキンケアコスメを見つけるためにもご活用頂ければ幸いです。

来院のご予約はもちろん、電話やメールでのお問い合わせもお待ちしています。

関連タグ:

PAGETOP