【紫外線対策】『UVB』とは何?浴びると生じる影響・症状!降りかかる時期や場所なども

美容知識・スキンケア

本コラムでは「UVBとは何か」をお話します。

UVBが肌にどんな影響を与えるのか、いつ、どのように対策するのが良いのか。

簡単に分かりやすく、紫外線の1種である「UVB」だけに焦点を当てて説明します。ぜひご参考ください。

UVBとは

UVBは太陽光から発せられる紫外線の1つ。

紫外線の種類は発せられる波長によって分けられており、UVBの波長は280-315nmです。

UVBは人の肌に当たる紫外線のうち、1割程度しか降りかかりません。(9割はUVA)

これはUVBがUVAと比べてオゾン層や雲に阻まれやすい波長なため、地表へ到達する前に量が少なくなるからです。

UVBが与える影響

UVBは皮膚の表面を強く傷つけて、炎症や色素沈着を引き起こします。

日焼けの症状として多くの人が想像する赤みや黒ずみは、このUVBの影響が強いです。

照射量が少ないとはいえ、短時間でも浴びると肌に与えるダメージは激しく、皮膚がんになるリスクも高まるため注意しましょう。

・炎症が起こる

UVBを浴び続けると肌は傷つき、炎症を起こします。

炎症の程度によっては赤みが生じて火照ったような熱を持ち、ヒリヒリとした痛みに。強い炎症の場合は放っておくと火傷・水ぶくれになる可能性があります。

・色素沈着が起こる

色素沈着とは、皮膚内でメラニンという黒い色素が排出されず残った状態です。

皮膚は紫外線が当たると、ダメージを抑えるためにメラニンをたくさん生産します。これはメラニンに紫外線の影響を抑える働きがあるからです。

そして役目を終えたメラニンは通常、皮膚のターンオーバーと共に排出されます。しかし、UVBによる炎症が強いと肌は、ターンオーバー周期が乱れやすいです。

結果、ターンオーバーで正常に排出されなかったメラニンが皮膚内に残り、肌は黒いままになります。

UVBが降りかかる時期

UVBは基本的に暑い時期に多く降りかかる紫外線です。

冬は少なく、春過ぎから増えて、夏にピーク、秋を超えてまた減少します。

UVBは短時間でも強いダメージを受けるので、特に夏場はしっかり対策した方が良いです。

また、寒い時期もUVBの量は0ではないので、対策する度合いは違えど、いつでも気にかけておきましょう。

UVBの対策方法

  • 日焼け止めは「SPF」をチェック
  • 日光を遮断する
  • 肌を冷やす
  • サングラスをかける
  • ビタミンを摂取する

上記はでUVBを浴びない、もしくはUVBによるダメージを防ぐ方法の例です。また、紹介する対策はUVBに限らず、紫外線全般に対して有効なものもあります。

・日焼け止めは「SPF」をチェック

日焼け止めによく記載されている「SPF」とは、「Sun Protection Factor」の略称です。

SPFは簡単に言うとUVBに対する防止力を示しています。

SPFは「2~50」の数字でレベルが示されており、「50+」と書かれている場合は50以上ということ。数値が大きいほど防止力は強いです。

ただし、数値が高いものほど、逆に肌に負担も増える場合もあるとも言われています。

UVBを防いで肌の健康を保つため、天気や場所次第で適切な日焼け止めを選びましょう。

・日光を遮断する

UVBは透過性が低いので、日傘などで障害物を隔てていればかなり遮断できます。

UVケアに役立つメジャーなものと言えば、例えば日傘・帽子・手袋など。

その他、自身が装着するもの以外にもシールやカーテンなど、UVカット用のアイテムはたくさんあります。

なるべく日陰を歩いたり、UVケアアイテムを使用したりして、UVBが当たる時間を減らしましょう。

・肌を冷やす

UVBを浴び続けると、軽い火傷のように肌が熱を帯びていきます。

熱を放っておくと肌の水分も蒸発してダメージが増加することに。

肌の状態に違和感を覚えたら、濡れタオルや氷水で冷やして、痛みや傷の進行を食い止めましょう。

また、熱で失った水分を取り戻すために保湿することも大事です。

・サングラスをかける

紫外線は肌だけでなく目にもダメージを与えます。

目の水晶体の奥にある網膜にまで届き、角膜炎、白内障などの目の病気になるリスクも。

また、紫外線は目に見えませんがメラニンが視界に入ることで、脳が「メラニン(シミ)を作れ」と皮膚に命令を下すとも言われています。

紫外線から目を守るためには、サングラスを使用するといいでしょう。

・ビタミンを摂取する

ビタミン(特にビタミンA,C,E)には活性酸素を抑える働きがあります。

さらにビタミンCにはシミの生産を抑えたり、シミを薄くしたりする効果も。

身体は紫外線を浴びると活性酸素を増やし、肌を傷つけてしまいます。

ビタミンの多い食事・サプリなどを用いて、身体の内側から紫外線ダメージを防ぎましょう。

UVBは肌を激しく傷つける紫外線です!

UVBは短時間で肌の表面に激しいダメージを与えるので、注意しましょう。

当院は日焼け止めの販売もしており、中には医療機関でしか購入できない商品も用意しています。


紫外線対策についてはもちろん、その他にも肌に関するお悩みがあればいつでもご来院・お問い合わせください。

PAGETOP