ヒアルロン酸注入を受ける患者様にお伝えしたいこと

ヒアルロン酸注入

今回は、ヒアルロン酸注入を受けたい患者様へお伝えしたいことをお話しします。

美容クリニックで受けられる施術の中でもよく名前の知られる”ヒアルロン酸”。

「受けたいな」「興味あるな」と言う方は、ぜひご参考ください。

▼そもそもヒアルロン酸注入とは

動画でも解説
YouTubeでもお話しています。
ぜひご視聴ください。

(動画時間:約8分)

ヒアルロン酸を注入した患者に伝えたいこと

  • 注入系の治療は施術者によって変わりやすい
  • 注入箇所の過度なマッサージはやめましょう
  • 注入後の過度な飲酒はやめましょう
  • ヒアルロン酸以外の施術も検討してみよう
  • 定期的に施術を受けると効果が上がる

ヒアルロン酸において大切なことはいろいろありますが、ここではその中から5つお伝えします。

・注入系の治療は施術者によって変わりやすい

注入系の治療は、施術者によって仕上がりに差が生まれやすいです。注入の上手い下手だけではなく、やはり施術者も人間なので、その施術者の好みにも左右されます。

ヒアルロン酸注入を受ける際は、施術者に自分のなりたい姿をきちんと伝えるのも大事。

そして、施術者の顔、もしくは症例写真があればそれをみて、自分の好みと近い感性が探るのもおすすめです。

・注入箇所の過度なマッサージはやめましょう

注入後のマッサージは、ヒアルロン酸の位置が偏りを抑えるために施術者が行う場合があります。しかし、必要以上にするとヒアルロン酸の吸収を早めてすぐになくなりやすいです。

また、プロがバランスを見ながら整えるのではなく、よく知らないまま自身で行うと想定とは違う位置へズレてしまうことも。

もし注入後の具合がしっくりこない場合は、クリニックに相談しましょう。

・注入後の過度な飲酒はやめましょう

飲酒で効果が変わることはあまりありませんが、ヒアルロン酸注入後は多少出血したり、むくんだ状態になります。

お酒を飲んで体温が上がり、血流がよくなると、その出血やむくみが強くなることがあります。

そのため、過度の飲酒は施術後1週間ほど控えましょう。

・ヒアルロン酸以外の施術も検討してみよう

ヒアルロン酸注入はやり方次第でさまざまな効果を得られる美容治療です。しかし、美容治療にはさまざまな施術があるので、求める効果やお顔の状態によっては別の治療の方が効果的な場合もあります。

例えば、リフトアップにヒアルロン酸を活用したいとき。

少し自然に顎のラインをスッキリ見せたい程度であればヒアルロン酸で可能ですが、頬全体を引き挙げるなら、糸リフトがおすすめです。

美容クリニックに行った際は自分がやりたい施術を伝えた後に、クリニックから提案してもらえる治療も聞いてから何を受けるか判断してみましょう。

・定期的に施術を受けると効果が上がる

ヒアルロン酸が完全に吸収されるまでにかかる年月は大体二年くらいです。しかし、美容効果を実感できる期間となれば、もう少し短くなります。

当院では大体施術して半年後くらいに、追加で施術した方がいいのか診察させていただくことが多いです。

美容室やネイルと同じように、美容治療も定期的なメンテナンスをすることで美しい状態を維持できます。

定期的に同じ箇所へ注入するメリット
①注入を重ねるごとに必要な注入量が少しずつ減っていく
②常にヒアルロン酸がコラーゲンなど美容成分を増やす
③1回分の効果の持続期間が伸びる

当院の医師が施術中に意識しているポイント


人の顔はそもそも左右対象に作られていません。

骨格、筋肉、脂肪、肌感、左右で違う顔に対して、ヒアルロン酸を左右均等に入れては、その左右差は改善されません。

当院では、患者様一人ひとりの顔をチェックして、左右差も考えながらバランスのとれた綺麗な顔を作ります。

患者様がヒアルロン酸で求める変化

20〜30代の患者様は、最初に唇、鼻、顎などのパーツの形を整えたい方が多いです。

40代以降になると、ほうれい線を改善したい方が多くなります。

ほうれい線が生まれやすい人
ほうれい線の生まれやすさは、骨格によって変わる場合があります。

ほうれい線が目立ってくる主な原因は頬のたるみ。

頬骨が低い方は、お肉がたるんだ際に支えてくれる骨がないので、目立ちやすいです。

ヒアルロン酸を注入するなら表参道メディカルクリニックへ!

ヒアルロン酸注入は美容治療の中でも有名・人気の施術です。最近では顔を切らず少ないダウンタイムでできるので”整形”ではなく”プチ整形”というように呼ばれています。

当院では他にも肌を切らない受けやすい美容治療をたくさんご用意。あなたの肌の状態や予算に合わせて、どの治療が効果的か親身に考えるので安心してご来院ください。

来院のご予約はもちろん、電話やメールでのお問い合わせもお気軽にどうぞ。お待ちしております!

PAGETOP