【初心者向け】ヒアルロン酸注入とは?効果や副作用を解説!値段や失敗も紹介します

ヒアルロン酸注入

本コラムは「ヒアルロン酸注入」とは何かを紹介するものです。

ヒアルロン酸は、美容初心者の方でも聞いたことのある言葉ではないでしょうか?

プチ整形とも言われる美容効果から副作用まで、多くの人から質問を受ける内容をここで簡単に解説します。

値段や失敗の対策方法もお話しますので、ぜひご参考下さい。

ヒアルロン酸とは

まずヒアルロン酸とは、元々体内にある美容成分です。

主には肌のみずみずしさ、張りや弾力を保つ働きがあります。

ヒアルロン酸は1種類だけじゃない
ヒアルロン酸は、注入治療のためにさまざまな製剤が開発中です。使用する製剤によって、効果の特徴に違いがあります。

ヒアルロン酸注入とは

ヒアルロン酸注入は、上記で説明したヒアルロン酸の製剤を注射する美容治療です。

ヒアルロン酸は年齢を重ねるごとに体内での生成量が減ります。

ヒアルロン酸が少なくなると、肌の張りがなくなり、シワやたるみの増加に繋がるのです。

外部からヒアルロン酸(美容成分)を注入することで、美をより保てます。

↓美容成分について書いています

ヒアルロン酸注入の主な効果

ヒアルロン酸は注入した部分に留まります。例えば肌の窪み(シワなど)にヒアルロン酸を注入すれば、ふっくらさせられるのです。

使用する製剤や注入する量・場所次第で、さまざまな形に見た目を調整できます。

また、変わるのは見た目だけではありません。ヒアルロン酸の保湿性、弾力性が加わり、プルンと触り心地のいい肌になります。

ヒアルロン酸注入の効果の例

下記は、ヒアルロン酸を用いた治療方法とその効果の例です。

この他にも、ヒアルロン酸の用途はさまざまなものがあります。

リフトアップ
顔の上部分にヒアルロン酸を注入して、それより下の部分を引っ張り上げます
しわの改善
シワによる窪みに注入、もしくは↑のリフトアップによって窪みを減らします
輪郭のこけを改善
こけている部分に注入して、綺麗な丸み・張りの輪郭を作ります
唇をふっくらさせる
唇に注入して、セクシーな立体感、若々しさを生みだします
豊胸・ヒップアップ
バストやヒップに注入してボリュームを出します。
唇をふっくらさせる
唇に注入して、セクシーな立体感を生みだします
関節の痛みを軽減する
ヒアルロン酸を関節の間に注入して、クッション性を高めます

ヒアルロン酸注入の効果期間

ヒアルロン酸は永久に残るわけではなく、徐々に体内に吸収されていきます。つまり、ヒアルロン酸による物理的な膨らみは時間経過で消えるということ。

注入したヒアルロン酸は大体1~2年ほどで全て吸収されること多いです。しかし吸収スピードは注入量、使用製剤、体質、生活習慣など、さまざまな要素が関わるので一概には言えません。

ヒアルロン酸注入は吸収されるから意味ない?

ヒアルロン酸はいずれ消えるからといって、長期的に見て意味がなくなるわけではありません。

なぜならヒアルロン酸が入っていた間、肌の保湿力がアップしていたから。

ヒアルロン酸注入を一度もしない肌と比べると、今後、肌の劣化は抑えられていることでしょう。

ヒアルロン酸注入のメリット

ヒアルロン酸注入の良いところは、効果の汎用性と安全性。

厚生労働省が認可したヒアルロン酸の製材もあるほど、信頼性が高いです。

顔から体まで、さまざまな部位に注入することでき、形を美しくしてくれます。

施術時間も長くないので、スケジュールを圧迫することなく気軽に受けられます。

ヒアルロン酸注入の副作用

  • 内出血
  • アレルギー反応
  • しこり

内出血

ヒアルロン酸注入は、副作用の危険が少ないと言われている美容治療です。

強いてあげられる副作用による症状としては「内出血」が一般的。しかし、これは針を刺す(注射・点滴)治療には全て起こり得る症状です。ヒアルロン酸注入が特段、内出血を起こしやすいわけではありません。

多くの場合は内出血が起きたとしても症状は小さく、少しの痛み、メイクで隠せる程度の赤みがでる程度。

内出血の症状を抑える処置として、施術日の運動・入浴・飲酒など、血流を良くする行為は控えましょう。

アレルギー反応

注意する副作用として、ヒアルロン酸によるアレルギー反応が挙げられることがあります。

実際は、ヒアルロン酸によってアレルギー反応が出たという報告はかなり少数。

しかし、ヒアルロン酸注入で使用する製剤は、今も新しいものが開発されています。

今後、新しく生まれる製剤によってはアレルギー反応がでやすいものも生まれるかもしれません。

クリニックにはどの製剤を使用するか話を聞いて、注入後にもしも異変が起きた際はすぐにケアしてもらいましょう。

しこり

ヒアルロン酸を注入したあと、注入箇所にシコリのような違和感が残ったという報告も。

下記の状況だと、シコリができやすいと言われています。
・浅いところに注入した
・硬い製剤を使用した
・狭い範囲に集中して注入した

また、施術してすぐの場合はまだ肌とヒアルロン酸が馴染んでいないだけという可能性も考えれます。

ヒアルロン酸の形を崩したり、ズレたりさせないためにも、施術してすぐはしこりが気になっても触りすぎないよう注意。

どうしても心配、もしくはいつまでも消えない場合は、クリニックに相談しましょう。

ヒアルロン酸注入による失敗・デメリット

ヒアルロン酸注入の失敗で多いのは、想定と違った形になること。

ミスとしては、注入の量や位置による原因がほとんどです。

ヒアルロン酸の入れすぎて、過度に膨らんでしまったり、

注入箇所がズレて、不自然な形になってしまったり、

また、患者にとって歪でも、施術者にとっては綺麗に見えるという、美的センスの違いによって起こることもあります。

ヒアルロン酸注入の失敗を対策するには

ヒアルロン酸注入では、当然ですが施術者が注入した通りに顔が形を変えます。

施術者のセンスに左右されることもあるので、施術者の美的センスが自分と合っているか確かめましょう。

方法は、その施術者がヒアルロン酸注入した患者の顔写真、そしてその施術者自身の顔を見るのがオススメです。

そして、しっかりとカウンセリング・診察を受けて下さい。あなたと施術者、お互いに施術後の顔のイメージを同じにしてから施術を開始しましょう。

ヒアルロン酸注入に失敗したらどうする

ヒアルロン酸注入で完成した形が気に入らなかったとき、できる対処の一つは吸収されるのを待つこと。

失敗しても永久にそのままではないというのが、ヒアルロン酸治療の受けやすさ、安心材料の理由の一つです。

また、すぐに変化を元に戻したい場合は、ヒアルロン酸を分解する薬剤を注入します。

ヒアルロン酸注入の痛み

ヒアルロン酸注入は、クリニックによりますが麻酔を使用できます。

無痛というわけではありませんが、麻酔が上手く作用していれば、ほとんどの人は問題なく受けられるでしょう。

どうしても痛みが気になる、痛みを感じやすいという方は予めその旨を伝えるのがオススメ。

痛みを確認しながら麻酔量を調節して、痛みを最小限に抑えてもらえるでしょう。

ヒアルロン酸注入の値段

ヒアルロン酸注入の値段は、受けるクリニックや使用する製剤、量によって変わります。

下記は、表参道メディカルクリニックの料金表です。ご参考下さい。

【製剤】 【料金】
ボリューマXC 99,000円
ボリフトXC 99,000円
ボルベラXC 99,000円
ボラックスXC 99,000円
クレヴィエル 77,000円
リデンシティII 66,000円
ビタールライト 44,000円

●目安料金
額     ・・・110,000~
リフトアップ・・・220,000~
鼻の形成  ・・・880,000~
顎の形成  ・・・880,000~

※施術者に医師を指名する場合は、11,000円の指名料がかかります。

ヒアルロン酸分解(ヒアルロニターゼ)の値段

・当院で注入したヒアルロン酸・・・11,000円
・他院で注入したヒアルロン酸・・・33,000円

お得情報♪
・同時に 2 部位施術の場合は 10%OFF、3部位以上で15%OFFとなります。
・2週間以内のリタッチは薬剤料のみ頂戴いたします。

・当院で再度ヒアルロン酸の注入をされる場合は、ヒアルロニターゼの料金が半額になります。

ヒアルロン酸注入でコンプレックス解消!理想の顔の形へ

ヒアルロン酸注入は、安全性が高く、かなり汎用性の高い美容治療です。多くの方におすすめなので、ぜひ知って頂きたいと思います。

ヒアルロン酸注入について質問や悩みがあれば、メールなどでいつでもお問い合わせ下さい。

表参道メディカルクリニックでは、無料のカウンセリングも実施しています。まずはお気軽に簡単なご相談からでも大歓迎。ご予約お待ちしています!

関連タグ:

PAGETOP