陥没乳頭

見た目・衛生面・機能面
どれもが正常に

陥没乳頭とは

見た目だけでなく衛生面も考慮

陥没している乳頭を表面に出す手術です。

手術は乳管を切る方法と切らない方法があります。

一般的には乳輪を切開し、陥没している乳頭の中心部を裏側から押し上げて表に出します。

陥没乳頭

放置しておくと、授乳時のトラブルや乳頭の炎症・乳腺炎の原因となることがあります。 見た目を整えるだけではなく、衛生面や将来的なトラブルを考慮しての治療になります。 ※仮性陥没乳頭(刺激を与えると表に出てくる)の場合は大きな問題はありません。
この治療に対応しているクリニック
お問い合わせください。
  • 治療時間
    30分程度(カウンセリング含む)
  • 痛み・腫れ
    約1~2週間(個人差あり)
  • 術後の通院
    1~2回
  • メイク
    治療直後よりOK
CHECK
注意点1
入浴は患部を濡らさなければ当日より可
CHECK
注意点2
切開場所はとても小さいため、傷跡はほとんど目立ちません。
CHECK
注意点3
感覚が鈍ることは基本的にはありません。
CHECK
注意点4
乳管を切らない手術法であれば、授乳への影響はありません。
CHECK
注意点5
治療後1ヶ月間は、締めつけの強い下着は着用しないでください。

こんな人におすすめ!

  • 乳頭が陥没しており、刺激を与えても表に出てこない方
  • 授乳への影響が気になる方
  • 乳頭のかゆみ・炎症が気になる方
  • 見た目を整えたい方

施術の流れ

STEP1
カウンセリング
(診察)
STEP2
麻酔
(局所麻酔)
STEP3
施術
(30分程度)
STEP4
治療終了