眼瞼下垂(切開)

目がパッチリと大きく開き、健康的で若々しい目元になります。
また眼瞼下垂による眼精疲労や頭痛、肩こりの改善も期待できます。

眼瞼下垂治療とは

おでこのシワは眼瞼下垂が原因の可能性あり
自分が「眼瞼下垂」だと自覚して来院される方は少なく 「おでこのシワを取りたい」と来院された方が、診断の結果、「眼瞼下垂」であったケースがほとんどです。 上まぶたが下がってくる「眼瞼下垂」は 視界が狭まり、目を大きく見開くために無意識のうちにおでこの筋肉を収縮させ、眉が上がってきます。 まぶたの裏側には目を守る瞼板という軟骨様組織があり、これに連続している眼瞼挙筋がまぶたの上げ下げをしています。 何らかの理由でこの部位がゆるむと、筋肉の動きが瞼板に伝わらなくなり、まぶたが上がりにくくなります。 これが「眼瞼下垂」です。 「眼瞼下垂」は見た目(美容)だけの問題ではありません。これにより視野狭窄や肩こり、 頭痛など、脳の働きにも影響を及ぼしていると考えられています。 眼瞼挙筋の動きが弱まると、 そこに繋がるミュラー筋という自律神経につながっている筋肉が収縮し交感神経を刺激、 自律神経のバランスが崩れるとも考えられています。

メスを使う眼瞼下垂治療法法

緩んだ上眼瞼拳筋を瞼板に固定してまぶたを持ち上げやすくします。 両目を合わせて1時間程度で終わる日帰り手術です。目が楽に開くことで視野が広がり、おでこのシワが少なくなり、個人差はありますが肩こりや頭痛も楽になります。
この治療に対応しているクリニック
表参道院
池袋駅前院
  • 治療時間
    60分~90分程度(カウンセリング含む)
  • 痛み・腫れ
    約1~2週間(個人差あり)
  • 術後の通院
    約1週間後に抜糸
  • メイク
    2~3日後よりOK
CHECK
注意点1
内出血が起こることがありますが、1~2週間でおさまります。
CHECK
注意点2
腫れが引いても、多少のむくみが残って二重の幅が広く感じられることがありますが、約1ヵ月程度で希望通りの幅に落ち着いていきます。

こんな人におすすめ!

  • 眠たそうな目つきの方
  • まぶたがくぼんで老けて見える方
  • まゆ毛を上げて目を開く方
  • 左右で目の開き方が異なる方
  • 目つきがきつく見える方
  • ハードコンタクトレンズの長期装用でまぶたが下がってきた方

施術の流れ

STEP1
カウンセリング
(診察)
STEP2
洗顔
STEP3
麻酔
(点眼麻酔もしくは局所麻酔酔)
STEP4
施術
(60~90分程度)
STEP5
治療終了
(安静後当日ご帰宅いただけます。また、当日から洗顔、抜糸後からメイクが可能です。)