フラクショナルCO2レーザーの失敗!効果ない?色素沈着などの副作用

炭酸ガスレーザー

ここは「フラクショナルCO2レーザーの失敗例」の紹介ページです。フラクショナルCO2レーザーの副作用やデメリットの他、失敗しないための受け方もお話します。

フラクショナルCO2レーザーを知らない方はこちら↓
【初心者向け】フラクショナルCO2レーザーとは?(リンク)

フラクショナルCO2レーザーの失敗

  • あまり効果がない
  • 強い炎症が起こる
  • シミが濃くなる
  • 肝斑の悪化する
  • 火傷になる
  • ニキビが悪化する
  • 赤ら顔が悪化する

・あまり効果がない

フラクショナルCO2レーザーの効き目には個人差があります。

多くの美容治療は1回だけの施術で劇的な変化は起こりません。フラクショナルCO2レーザーも、何度か施術を重ねて徐々に肌が改善して、綺麗になるものです。

1回の施術のみ受けるつもりで大きな改善効果を求めていると期待外れと思ってしまうかもしれません。

◆フラクショナルCO2レーザーの効果(リンク)

・強い炎症が起こる

フラクショナルCO2レーザーを照射した直後は、肌に傷がついて炎症が起こります。

炎症中の肌は、外部からの攻撃に対して防御力が低下します。そのためダウンタイム中は摩擦や紫外線などのダメージを受けると、余計に炎症が酷くなりやすいです。

その炎症加減は元々の肌の状態や照射出力にもよりますが、強い炎症はこれより下で説明する副作用も引き起こすので注意しましょう。

・色素沈着になる

フラクショナルCO2レーザーの施術後は、炎症によって一時的な色素沈着が起こります。

その色素沈着は、基本的には日にちが経つにつれて薄くなるものです。しかし強い炎症はダウンタイム後にも消えない、頑固な色素沈着を生んでしまう可能があります。

炎症、そして色素沈着を悪化させないためには、施術後の保湿ケアやUVケアなどをしっかりして肌を守りましょう。

・肝斑の悪化する

肝斑は色素沈着の一種で、ホルモンバランスの影響で起こる症状です。非常にデリケートな黒ずみなので、余計な刺激を与えるとより濃くなります。

フラクショナルCO2レーザーによって肝斑が濃くなるケースも考えられるので注意しましょう。

・火傷になる

フラクショナルCO2レーザーは熱を与える施術です。そのため、施術後にやけどや水ぶくれを起こすことがあります。

基本的には時間の経過によって治まりますが、やけどの症状が酷かい、痛みが強い場合は施術者や病院に相談しましょう。

・ニキビが悪化する

フラクショナルCO2レーザーは、皮脂量、そしてニキビが増えることがあります。これは一時的なもので、時間の経過によって元に戻ることがいいです。

ただし、膨らんでいるニキビがある状態でレーザーを受けると、ニキビにダメージが重なって悪化する可能性があるので注意しましょう。

・赤ら顔が悪化する

フラクショナルCO2レーザーの照射後に炎症が起こるのは仕方のないことです。その炎症によって、元々顔の赤みが濃い人は赤みが強くなる場合があります。

レーザーを当てても問題ないか、施術前に顔の状態を見てもらってから開始しましょう。
▶自分の肌は施術して大丈夫?
カウンセリングで聞こう!

フラクショナルCO2レーザーのデメリット

  • 痛みがある
  • ダウンタイムがある

・痛みがある

フラクショナルCO2レーザーは、当院のメニューにあるレーザー治療の中でも比較的、痛みが強い施術です。

痛みが苦手な患者様の場合、麻酔をして可能な限り痛みを軽減させますが、無痛にできるとは限りません。

施術後は数時間、ヒリヒリとした痛みが続きます。痛みに耐え、赤みや腫れを経て、美しい肌が手に入る治療です。

しかし、耐えられないほどの痛みや違和感を覚えたら、一度施術を止めてクリニックと治療継続の有無をしっかり話し合ってください。

・ダウンタイムがある

フラクショナルCO2レーザーの症例

フラクショナルCO2レーザーに痛みがあるのは、肌へのダメージが強いということ。

よって、治療後のダウンタイムも強めの症状が起こります。赤みが出るので施術直後の肌はあまり綺麗ではありません。

レーザーで受けた傷は1,2日でカサブタに変わり、肌にザラツキが生まれます。

そのカサブタが取れて大体1週間以上経過してから新しい綺麗な肌が作られていくので、施術してすぐには綺麗になっていたいような患者にはおすすめしません。

フラクショナルCO2レーザーで失敗しない方法

  • 技術力の高い施術者から受ける
  • 万全なサポートをする施設で受ける
  • ダウンタイム中のケアを知っておく

・技術力の高い施術者から受ける

フラクショナルCO2レーザーで失敗をしないためには、技術力のある施術者と万全なケアをする施設が必要です。

フラクショナルCO2レーザーはそもそも肌に傷を付ける施術であり、レーザーを操作するのはあなたではなく施術者です。

下手の人の任せると、肌を傷つけるだけで改善作用が上手く起こらない危険性があります。逆に上手な人なら、無駄な傷を作らず美容作用を高める施術をしてくれるでしょう。

・万全なサポートをする施設で受ける

フラクショナルCO2レーザーは施術日だけ気を付ければいいわけではありません。

まずは施術前。カウンセリングで施術しても問題ないかしっかりとクリニックでチェックしてもらいましょう。

そして施術後。何か肌トラブルが起きた際に対応してもらうアフターフォローも大事です。

施術中も施術の前後もしっかりサポートしてくれるクリニックを選びましょう。

・ダウンタイム中のケアを知っておく

フラクショナルCO2レーザーは肌が傷ついており、その状態をダウンタイムと言います。

ダウンタイム中に余計な刺激を与えないケアをすることで、ダウンタイム後の綺麗な肌が生まれます。ダウンタイム中のケア方法も、クリニックにちゃんと聞いておきましょう。

フラクショナルCO2レーザーで失敗したくないなら

表参道メディカルクリニックのメニューにはさまざまな美容施術があります。フラクショナルCO2レーザーも用意がありますので、興味があればぜひお越しください。

フラクショナルCO2レーザーに限らず、施術の前のカウンセリングにて多くの美容ケアの中からあなたの肌に合うスキンケアをご提案します。

美容の悩みがある方、美容治療について知りたい方はいつでも来院のご予約をお待ちしています。電話・メールでもお気軽にお問い合わせください。

関連施術メニュー:

PAGETOP