ハイフ(HIFU)は効果ない?効果がなくなる受け方・高まる受け方

ハイフ

本コラムは「ハイフは効果がないのか」について説明します。なぜ効果を実感できない人がいるのかも解説するので、ぜひご参考ください。

ハイフを知らない方はこちら↓

▶「ハイフ」について
お問い合わせはこちら

ハイフ(HIFU)は効果がないのか

結論から言うとハイフは

改善の余地がある人へ、正しい施術方法と、アフターケアをすれば効果があります

では逆に正しくない施術とアフターケアとはどういう行為を示しているのか。

下記にて、ハイフの効果がなくなってしまう受け方をご紹介します。

ハイフ(HIFU)の効果をなくす受け方

ハイフの効果がなくなるよ

  • 意味のない部位へ照射している
  • 適切ではないショット数で照射している
  • 万全ではない肌状態で受けている
  • ダウンタイム中に余計なダメージを負っている

・意味のない部位へ照射している

ハイフは照射して効果のある部位と効果のない部位があります。

例えばハイフでリフトアップ効果を得るには、たるみの原因になっている箇所を見つけて、正確にその位置を照射しなくてはいけません。

逆に照射してはいけない場所へ打つと、美容効果よりもダメージの方が大きくなる可能性があります。

・適切ではないショット数で照射している

ハイフは、ショット数(超音波を照射する回数)によって効果が変わります。

ショット数が多いほど強い効果、もしくは広い照射範囲に打てますが、肌にかかるダメージも増えます。

ショット数が少ないと効果が出なかったり、逆に強すぎてダメージを与えすぎてしまったりするので、肌状態によって適切なショット数を見極めなければいけません。

・万全ではない肌状態で受けている

ハイフは、どんな肌状態でも効果を出せるわけではありません。患者の肌状態などで効果には個人差が生まれます。

例えば、施術前から強い炎症を起こしている方へハイフを照射すると余計に酷くなることも。

逆にたるみがほとんどない方がハイフでリフトアップ効果を望んでも、大きな変化は起こりにくいです。

・ダウンタイム中に余計なダメージを負っている

ハイフの施術直後は、照射した熱によって炎症を起こしている場合もあり、免疫力が低下しています。(この状態をダウンタイムと呼ぶ)

その間に紫外線や強い摩擦を受けると、通常よりもダメージが多くなり肌はボロボロに。

ハイフの効果を実感したいなら、ダウンタイム中の肌をしっかりと守りましょう。

美容効果を得るために
▶カウンセリングを受けよう

ハイフ(HIFU)の効果がない期間

ハイフは施術直後から効果を実感できると評判の美容治療です。しかし、患者様の中にはある程度の時間が経過するまで「効果が分からない」という方もいます。

しかし安心してください。ハイフは施術後に時間をかけてコラーゲンなどの美容成分を増やします。多くの場合ハイフの美容効果(変化)がピークに達するのは、施術から約1ヵ月先です。

最初は変化が分からない場合でも、約1ヵ月後に見比べるとたるみが改善されて、肌が綺麗になっていた、という結果も起こり得ます。

ただし当然ながら上記でお話した効果をなくす受け方をしている方は、時間が経ったあとも美容効果を実感しにくいでしょう。

エステハイフは効果がない?

エステハイフは大丈夫かな?

・エステハイフは違法行為?

ハイフは医療行為であり、医療機関内で医療資格を持つ者にしか施術できないという法があります。

しかし、エステは医療機関ではないのにハイフをメニューに入れているところが多々あるのを見かけませんか?

実はエステで行われているハイフは、医療機関で扱えるハイフ機器よりも出力の弱い機器が使用されています。

出力の弱い機器であれば無資格のエスティシャンでも施術可能だからです。

・エステハイフの効果は?

当然ながら出力の弱い機器を使っているエステハイフでは、医療ハイフよりも美容効果は薄くなります。

エスティシャンの中には技術力の高い方もいるかもしれませんが、やはり機器によって求められる効果には限界があるでしょう。

・おすすめは医療ハイフ

高い効果を得るのが難しいエステハイフですが、料金は医療ハイフよりも比較的安価な場合が多いです。

しかし、エステサロンはクリニックなどの医療機関と比べて何かあった際のアフターケアに関する知見、そして医療設備にも不安が残ります。

安全面で考えても、効果面で考えても、ハイフは医療機関で受けることをオススメします。

ハイフ(HIFU)の効果を高める受け方

ハイフの受け方

  • 技術の高い施術者から受ける
  • 施術者に理想の顔を伝える
  • ダウンタイム中のケアをする
  • フォロー体制のあるクリニックで受ける

・上手な施術者から受ける

ハイフをあなたの肌に打つのは、当然ながら施術者です。

そのためハイフを正しい照射方法で受けられるかは施術者の腕次第。ハイフの扱い方はもちろん、お顔の解剖を理解している施術者から受けることで成功確率が上がります。

カウンセリングや診察でしっかりと肌状態を確認してもらってから、適切な部位に適切なショット数で照射してもらいましょう。

・施術者に理想の姿を伝える

施術者には”あなたのなりたい姿”をきちんと伝えておきましょう。ハイフは、打ち方次第で見た目がどのように改善されるのか変わります。

なるたい姿を共有できれば、施術者もあなたの好みに合わせるために、どこに照射すればいいか考えやすくなるでしょう。

また、もしかするとあなたの理想は他の施術の方が向ているかもしれません。ハイフ以外の美容治療でも求める美容効果を得られないか聞いてみましょう。

・ダウンタイム中のケアをする

ハイフを受けたあとは、一時的に傷がついており、炎症・乾燥が起こりやすいです。

皮膚の水分量をこれ以上減らさないために保湿ケアをして、炎症を酷くしないために摩擦を避けましょう。

また、ダウンタイム中の肌は簡単に紫外線の内部侵入を許してしまいます。

紫外線は肌にとって老化、色素沈着を引き起こす天敵です。夏場はもちろん、冬場もできるだけUVケアしましょう。

・フォロー体制のあるクリニックで受ける

ハイフは照射する部位を間違えてしまうと、余計な傷がついてしまうかもしれません。

どれだけ信用できる施術者であったとしても、万が一のことを想定しておきましょう。

問題が起きた際にしっかりとフォローしてくれる体制・設備のあるクリニックで受けることをおすすめします。

・当院でハイフを受けた患者の症例写真

ハイフ症例写真1
ハイフ症例写真2
ハイフ症例写真3

ハイフは当院でも患者様から多く注文を受けている美容メニューです。充実した医療設備のある院でスタッフが丁寧にカウンセリング・施術をします。

▶アフターケアも万全!
ハイフを受けるならこちらから

ハイフ(HIFU)を受けるなら医療機関の当院へ

ハイフの効果は、照射方法やアフターケア、患者の肌状態によって個人差があります。

ハイフ以外にも言えることですが、誰でもどんな状況で受けても効果がある施術ではありません。

しかし、これまでハイフ機器が生まれてから多くの人がハイフを体験して、多くの人が美容効果を実感しているのは事実です。しっかりと施術する施設を選べば、美容効果を得られる可能性が上がります。

ハイフに興味がある方、お悩みのある方はぜひ一度、表参道メディカルクリニックへご相談ください。来院のご予約はもちろん、電話やメールでのお問い合わせもお待ちしています。

関連施術メニュー:

PAGETOP