ハイフリニアの効果とは?痛みや施術の頻度、回数、期間も説明します。

美容治療

本コラムはハイフリニアとは何かを紹介します。

ハイフを知っている人でも、ハイフリニアがどのような施術でどんな効果があるのか、違いを知らない人も多いのではないでしょうか?

顔痩せ、身体の部分痩せにおすすめのハイフリニアを、ぜひここで学んでおきましょう!

動画でも解説
YouTubeにもハイフリニアについてお話しています。
ぜひご視聴ください。

(動画時間:約8分)

ハイフリニアとは


ハイフリニアは「ハイフ」という機械をリニアモードにして、超音波を線状(リニア状)に照射する美容治療です。

リニアモードが行うのは簡単に言うと脂肪を溶解すること。照射した部位は、脂肪によるもたつきがなくなり、スッキリと引き締まります。

当院が使用しているハイフ機器
表参道メディカルクリニックがハイフ治療の際に使用するのは「ウルトラセルQ+」。これはリニアモードを搭載している唯一のハイフ機器です。

ハイフリニアのメリット

そもそもハイフ自体は、リフトアップに効果的な機械として有名です。

しかし脂肪が多い人と、すっきりしている人では、後者の方がリフトアップしやすいです。なぜなら脂肪が多いと、その脂肪分の重さがあり、お肉が持ち上がりにくくなるから。

リニアモードがあれば、そんなときにあらかじめハイフリニアで余計な脂肪を除いてから、ハイフの通常モードでリフトアップをする、なんて対応もできます。

相談に応じて、顎下だけをリニア、頬は通常のハイフというように、細かく部位を調整することもあります。

ハイフリニアを照射できる部位

ハイフリニアは、基本的に身体中どこでも、脂肪がついた部位へと照射ができます。

フェイスラインはもちろん、お腹・お尻・二の腕・背中・ふくらはぎ・太もも・ブラパット(ブラジャーからはみ出るお肉)、気になるお肉があればなんでもござれ。

ただし足首の近くなど、腱や神経が浅く通っている部位は避けないといけないので、そこだけ気を付けてください。

ハイフリニアに必要な測定


ハイフリニアを受ける方は、最初に専用のアイテムで脂肪を挟み、脂肪の厚さを測ります。

脂肪の厚さによって、施術者は効果を出すために必要な施術の回数やショット数、熱を届ける脂肪層の位置を見極めるのです。

ハイフリニアの施術回数

ハイフリニアは少しずつ回数を重ねて、脂肪を減らしていく必要があります。ぶ厚い脂肪は1回の照射で全部消えたりはしないからです。

通常のハイフモードであれば1回でリフトアップ効果が出て、3~6カ月効果が持続すると言われていますが、リニアモードはそうはいきません。

回数の目安

正確な回数は、年齢や性別、元の体の状態にもよるので個人差があります。

目安で言うなら、例えば顔痩せであれば最低でも3回程度。

身体の場合は顔よりも脂肪が厚いので、さらに回数がかかります。

ハイフリニアのショット数

ショット数とは超音波を施術部位に照射する回数のことを示します。

この数値が低すぎると効果が薄まりますし、高すぎると皮膚へのダメージが強くなり火傷などのリスクが高まります。

施術を受ける際は、クリニックに身体の状態や部位を見てもらって必要なショット数を相談しましょう。

ショット数の目安

目安として、手の平に照射する場合の必要ショット数は200~300ショットと言われています。

この目安から大雑把に大きさを考えると、お腹周りの端っこ(側腹部)だけなら手の平と同じ200~300ショットでいいかもしれません。

しかしお腹全体を打ちたいとなれば800~1200ショットくらいは必要でしょう。

ハイフリニアを照射する深さ

脂肪が薄い人と厚い人では、ハイフリニアで熱を加えるべき深さ(層)が変わります。

全員に均等な深さで熱を加えても、体型や脂肪量によって身体のどこに溶かすべき脂肪があるかは異なるからです。

照射の深さは、ハイフ機器に取り付けるカートリッジ(4.5ミリ、6ミリ、9ミリとある)を付け替えて変更します。

ハイフリニアの施術頻度


ハイフリニアは、1日のうちに照射できる回数は決まっていませんが、必要なショット数は守らないといけません。

よって、上記で説明したように手の平サイズだと200~300ショットなので、手の平を1000Shot打つことはできません。

施術の頻度として2週間に1回ペースが、ハイフリニアの効果を出すのにおすすめです。

ハイフリニアの施術時間

ハイフリニアの照射時間は短いため、施術は早く終わります。

元からあまり脂肪がない方の場合は5分程度で終わる場合も。

ただし照射する範囲にもよるので、全身を一度の施術で行おうとすると大変になります。

予定を空けられる時間の短い方は、カウンセリングのときに痩せたい部位を見てもらい、必要になりそうな時間や回数を聞いてみましょう。

ハイフリニアの痛み

ハイフリニアは脂肪が厚い部位ほど熱や痛みを感じづらく、個人差もあります。

ハイフ治療のどのモードでも同じことが言えますが、照射箇所が骨に近い場合も、熱を感じやすいです。

ただ痛くて続けられない、麻酔が必要になるようなレベルの痛みには基本なりません。

施術回数ごとの痛みの変化

施術回数を重ねていくうちに、毎回同じパワーで照射していても痛みの感じ方に変化が生まれることがあります。

以前、当院へ3回ハイフリニアを受けた患者様で、1回は平気、2回でちょっと痛くなり、3回でハッキリと熱い、痛いとおっしゃった方も。

これは施術をしていくうちにしっかりと脂肪がなくなって、痛みを感じやすくなったということです。(脂肪が少ないほど熱は感じやすい)

もしそうなった場合でも痛みに耐えられないようであれば、パワーを下げれば熱や痛み和らぎますのでご安心ください。

ハイフリニアの値段

HIFUリニア(二重顎・フェイスラインのたるみ)
120s 22,000円(税込)
初回17,600円(税込)
300s 44,000円(税込)
初回35,200円(税込)

※他のショット数も承っております。詳しくはお問い合わせください。

気になる脂肪にはハイフリニア!部分痩せ、ダイエットに効果的です

ここまでお手軽ダイエット、部分痩せがしたい方におすすめのハイフリニアを紹介しました。

「ここだけスッキリしたら綺麗になるのに…」と脂肪をなくしたい部位が決まっているならかなり効率的なダイエット方法です。

ダイエットが面倒くさい人、食事制限が苦手な人でも、寝ながら気になる部位に照射してもらうだけ。

小顔効果、ウエストの引き締め、美脚づくり、さまざまな目的に役立ちます。

表参道メディカルクリニックでは、無料のカウンセリングも実施していますので、気になることやお悩みがあればぜひお問い合わせ下さい!

ご予約

お問い合わせ

HIFU(ハイフ)

PAGETOP