【初心者向け】フォトフェイシャル(光治療)とは何?10年後もシミのない肌へ!ダウンタイムなども解説

フォトフェイシャル

シミに効果的な施術をご紹介します。その施術とはフォトフェイシャルです。

フォトフェイシャルはシミを改善する美容治療の中でも王道ともいえるメジャーな施術。

本コラムで、そのフォトフェイシャルの魅力をお伝えします。効果はもちろんですが、痛みやダウンタイム、施術回数も解説するのでぜひご参考ください。

「フォトフェイシャル」について
お問い合わせはこちら

動画でも解説
YouTubeにもフォトフェイシャルについての内容をお話しています。ぜひご視聴ください

(動画時間:2分00秒)

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルは、IPLとよばれる特殊な光を機械で照射し、お顔全体のトーンアップをしていく治療法です。

シミ治療に適していると評されることが多いですが、シミ以外にもニキビ、そばかす、赤ら顔など様々な肌トラブルの治療に役立ちます。

当院ではフォトフェイシャルを施術する際に、下記の医療機器を使用しています。(※クリニックによって導入機器が異なります)

フォトフェイシャル機器「M22」
M22は世界で初めてIPL機器を発売したルミナス社が開発している美容機器です。

M22によって、従来のIPL治療と比較して、使用する患者の肌状態に合わせた細かい設定ができるようになりました。

▶M22(クリック)

フォトフェイシャル機器「ルメッカ」
M22と同じく、ルミナス社が開発している美容機器です。

多くのIPL治療器の短波長高戦域が15%程度のエネルギー効率で照射しているのに対して、ルメッカは40%。

独自の設計により、今までのIPL治療で対応できなかった薄いシミにも効果を発揮できるようになりました。

▶ルメッカ(クリック)

フォトフェイシャルの効果

  • 黒ずみ(シミ、くすみ、そばかす)
  • 毛穴の開き(キメ、凹凸)
  • 赤ら顔
  • ニキビ
  • ハリ(シワ、たるみ)

フォトフェイシャルの光(IPL)を肌に当てると、上記のような症状を改善してくれます。

顔色を整えられるのは、IPLに肌を黒く、赤くする色素を分解する作用があるからです。

IPLは皮膚の表面だけでなく少し深い層にも届くので、線維芽細胞が刺激を受けて美容成分を多く分泌します。

さらにターンオーバーが整い、余分な皮脂の分泌を抑えてニキビの原因を作る菌も殺菌します。

シミに悩んでいるなら
▶無料カウンセリングはこちら

フォトフェイシャルの施術回数・頻度

濃いシミの治療は一度では難しいので、何度か施術を重ねていくのをおすすめします。

フォトフェイシャルの場合は、1か月に1度の治療を5回以上受けると効果を実感しやすいです。

何度も通うのが難しいと思うかもしれませんが、1回の施術にかかる時間は5分程度

クリニックに予約さえできていればすぐに終わります。

フォトフェイシャルはいつから効果出るのか

シミ治療の場合は、皮膚の奥にある黒ずみが大体2~10日ほどかけて表面へと上がっていきます。

表面に辿り着いた黒ずみは、やがて自然に剥がれ落ちます。

しかし元々深い層にあった黒ずみの場合は、1回では表面にまで上がらず排出しきれません。

その場合はまた施術を繰り返して、徐々に排出を進めていきます。

フォトフェイシャルで10年後の肌も綺麗に

フォトフェイシャルは意識して見ないと気付きにくい「隠れシミ」にもしっかり対応します。

施術を重ねるごとに、皮膚の深い層にいる濃いシミも少しずつ排出することが可能です。

年単位で受け続けていれば、シミだけでなく皮膚の緩みや炎症への耐性もどんどん強くなります。

10年後は他の同年代よりも圧倒的に若々しい、健康で美しい肌が完成しているでしょう。

10年後に誰よりも美しい肌へ
▶無料カウンセリングはこちら

フォトフェイシャルをやめるとシミが増える?

フォトフェシャルは皮膚内に点在しているシミを表面へと浮かび上がらせる施術です。

浅い層にあるシミであれば、少ない回数でも表面から皮膚の外へと排出できます。

しかし深い層に存在していたシミだと、1回では表面に近づくだけで排出まで進まない場合があります。

そのまま施術を止めてしまうと、深くにあったシミが浅いところへ登ってきて見えやすくなっただけになり、シミが濃くなったと感じてしまうのです。

フォトフェイシャルをやりすぎると老ける?

フォトフェイシャルは肌の色や凹凸、質感などを健康的に改善します。

老けて見える多くの原因に対処できるのでアンチエイジングとしてもオススメです。

しかし施術直後は一時的にバリア機能が低下している場合があるので、摩擦や乾燥、紫外線から肌を守ってください。

徐々に肌は強く丈夫になりますが、すぐにダメージを与えたり、間隔を空けずに施術をやり過ぎると、余計に肌が傷ついてしまいます。

適切な施術とケア方法を教えます
▶無料カウンセリングはこちら

フォトフェイシャルのデメリット

美容効果の幅が広いフォトフェイシャルでも、受け方を間違えると上記の説明の通り、逆効果になる恐れがあります。

また、フォトフェイシャルは顔全体の色味が均一になるよう徐々にトーンアップしていく施術です。

深く濃いシミを改善しようと思うと、何度も施術を繰り返す必要があるでしょう。

早急に一部のシミを消そうと思うなら、レーザーなどの他の治療を受けた方が効果的です。

▶レーザー治療のおすすめはこちら

フォトフェイシャルの痛み

フォトフェイシャルの痛みはあまり強くありません。小さな痛みはありますが、痛みの感じとしては、パチッパチッっとゴムではじかれるような痛みです。

また、フォトフェイシャル中にピカッピカッと出る光が苦手という方もいます。

表参道メディカルクリニックでは、眩しいのが苦手な方にもゴーグルの間にコットンを挟むなど、できる範囲で辛くないよう工夫をして施術します。

痛み、光などが心配な方はカウンセリング、または施術中でも遠慮なくご相談ください。

痛みを抑えて施術します
▶無料カウンセリングはこちら

フォトフェイシャルのダウンタイム

フォトフェイシャルにダウンタイムはほとんどありません

しかし施術してから1週間はメラニンを吸収しやすくなっているため、日焼けに注意です。

炎症をなるべく早く沈めるためには、余計な摩擦を起こさず、保湿ケア等もしっかり行いましょう。

人によってはほくろのように黒いかさぶたが現れ、2~7日ほどで剥がれていきます。

フォトフェイシャルを受けた後のシミ

フォトフェイシャルは奥に潜んでいるシミが引き上げる効果もあります。

たくさんシミが潜んでいた方の場合は、施術前より濃くなることも。

しかし、引き上げられたシミに再度フォトフェイシャルを当てればそのシミも消えていきます。

最終的に施術の回数を重ねれば重ねるほど、シミが消え、シミのできない肌ができあがって、美白肌に整っていくのです。

フォトフェイシャルの料金

IPL光治療
全顔
料金 33,000円
小範囲 (※1)
料金 16,500円
大範囲 (※2)
料金 44,000円
1shot
料金 3,300円

※1 両頬・首・手の甲・足の甲・デコルテ
※2 背中上部・背中下部・お尻・大腿全面(片足)・大腿背面(片足)・膝小僧(両足)・下腿全面(両足)・下腿後面(両足)・胸部・腹部・肘下(両腕)・肘上(両腕)

フォトフェイシャルでシミのない美白肌へ!

フォトフェイシャルはシミ治療や美白作用だけでなく、肌の中でコラーゲンを増生してくれる作用もあります。

顔全体を美白、美肌にしてくれる、とってもおすすめの美容治療です。

興味ある方はぜひ、表参道メディカルクリニックの無料のカウンセリングに予約して、肌の悩みを相談してみてください!

カウンセリングのお時間がなかなかとれず、悩みを抱えている方は、メールやお電話でのお問い合わせもお待ちしています。

関連施術メニュー:

PAGETOP