GLP-1ダイエット完全ガイド|効果や副作用、薬の種類について

GLP-1ダイエット完全ガイド|効果や副作用、薬の種類について
痩身治療

GLP-1ダイエットは、胃の消化を送らせて満腹感を維持したり、食欲をコントロールするメディカルダイエットの1つです。
このページでは、GLP-1ダイエットの基本情報をまとめています。
痩せるメカニズムや薬の種類、さらに治療を受けるにあたってのメリット・デメリットについても詳しく解説しています。

GLP-1ダイエットとは?

GLP-1ダイエットとは、GLP-1受容体作動薬製剤という2型糖尿病の治療薬(注射剤または内服薬)を用いて行うメディカルダイエットの一種です。
一般的なダイエットに付き物とされる、厳しい食事制限や運動いらずで楽に痩せられるダイエット法として人気を呼んでいます。

メディカルダイエットとは

GLP-1受容体作動薬について
GLP-1受容体作動薬は、食後に高くなる血糖値を下げる働きのあるインスリンの分泌を促進する薬です。
2型糖尿病はインスリン分泌機能の低下にくわえ、生活習慣の悪化によるインスリン抵抗性も加わります。
これによりインスリン不足の状態に陥るため、GLP-1受容体作動薬を使ってGLP-1を補うことで血糖値をコントロールしていきます。
ちなみにGLP-1受容体作動薬は、インスリンの不足分を直接補うインスリン製剤ではありません。

医療ダイエットについて
お問い合わせはこちら

GLP-1ダイエットの効果

GLP-1ダイエットの効果
GLP-1は、別名「痩せホルモン」とも呼ばれています。
さまざま生理作用があり、膵臓に作用してインスリンの分泌を促す他にも、脳や胃、小腸などに作用して体重減少や体質改善といった効果も期待できます。
また食事量をコントロールできることから、食事制限ダイエットに似た効果が得られます。

ちなみにGLP-1ダイエットは、全身痩せを目的としています。
二の腕や脚、お尻など、ピンポイントの部分痩せはできないので覚えておきましょう。

ダイエット目的での使用について

GLP-1受容体作動薬は、欧米や韓国などではダイエット目的での使用が認められています。
そのため日本では、海外の有効性や安全性に関するデータに基づいて、美容クリニックを中心にGLP-1受容体作動薬の処方が行われています。

なお、GLP-1受容体作動薬には血糖値を下げる効果があります。
低血糖のリスクやインスリンを分泌する膵臓の負担を増やしてしまうこともあるので、ダイエット目的で使用する場合は医師の指示に従うようにしてください。

日本でも肥満症治療にGLP-1受容体作動薬が承認

2023年3月、日本でもダイエット目的で処方できるGLP-1受容体作動薬「ウゴービ」が承認されました。
日本ではじめて肥満症の適応で承認されたGLP-1受容体作動薬になり、食欲抑制剤であるサノレックスの登場から約30年ぶりの国内承認です。

ちなみに肥満症を適応症としたウゴービですが、有効成分であるセマグルチドは既にGLP-1受容体作動薬としては存在しています。
オゼンピックやリベルサスには同一成分が含まれており、適応症や調整できる用量が異なる点以外は同じ薬です。

ウゴービは、2023年11月より医学的に減量が必要な肥満症の人は保険適用になります。
低価格で医療ダイエットを受けられる可能性があるので、保険診療を取り扱う大学病院や総合病院に相談してみるのも1つです。

GLP-1ダイエットで起こりうる副作用

GLP-1ダイエットの一般的な副作用としてあげられるのが、次のような症状です。

  • 悪心
  • 吐き気
  • 胃のむかつき
  • 便秘
  • 下痢
  • など

こうした胃腸への症状は、胃の働きを抑える作用により起こりやすいです。
特に使い始めのタイミングで起きやすいですが、多くの場合はしばらくすると治まります。

また稀ではあるものの、一部の人には重い副作用が現れたことが報告されています。

低血糖
脱力感、倦怠感、高度の空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、頭痛、めまい、嘔気 など

急性膵炎
激しい腹痛や嘔吐、上腹部や背中の痛み など

腸閉塞
便秘、腹部膨満(張りや痛みなど)、持続する腹痛 など

胆石症(胆のう・胆管炎)、胆汁うっ滞性黄疸
右わき腹の痛み、吐き気、嘔吐、皮膚や目が黄色くなる など

上記のような症状が現れた場合には、適切な処置が必要になります。
使用は中止し、速やかに医師に相談するようにしてください。

GLP-1ダイエットに用いる薬の種類

GLP-1ダイエットに用いられるGLP-1受容体作動薬には、いくつかの種類があります。

  • ビクトーザ
  • バイエッタ
  • リキスミア
  • ビデュリオン
  • トルリシティ
  • オゼンピック
  • ウゴービ
  • リベルサス

ウゴービを除く上記いずれの薬も2型糖尿病の治療薬としてのみ承認を受けていますが、一部はメディカルダイエットにも使用されています。
GLP-1受容体作動薬は注射剤と内服薬に分けられているので、次でそれぞれを簡単に見ていきましょう。

注射剤

GLP-1受容体作動薬として、もっともポピュラーなのが注射剤です。
上腕、お腹、太もものいずれかの部位に、毎日または週1回のペースで自己注射を行います。

GLP-1ダイエットで用いる注射剤の種類
毎日打ち
⇒ビクトーザ

週1回打ち
⇒トルリシティ、オゼンピック、ウゴービ

ビクトーザは有効成分がリラグルチドになり、美容クリニックでは同一成分を含んだ海外製の「サクセンダ」を用いることが多いです。

内服薬

GLP-1受容体作動薬の内服薬は、「リベルサス」の一種類のみです。
従来、GLP-1受容体作動薬の選択肢は注射剤しかありませんでしたが、吸収促進剤(SNAC)を加えることで胃粘膜からの吸収が可能になりました。
これにより注射が苦手という人でも扱いやすくなり、GLP-1ダイエットのハードルは下がったと言えるでしょう。

ただし、服用方法が一般的な薬と違って少し特殊です。
飲み方を守らないと適切に有効成分が吸収されず、本来の効果が発揮されないのでご注意ください。

リベルサス|2型糖尿病とダイエット治療の新たな選択肢

GLP-1ダイエットのメリット

GLP-1ダイエットのメリットには、次のようなことがあげられます。

  • 1日1回または週に1回の使用で減量効果を実感できる
  • 食欲をコントロールできる
  • 無理な食事制限や激しい運動いらず
  • 太りにくく痩せやすい体質に変化する
  • 空腹によるストレスがない

GLP-1ダイエットは、ストレスフリーで続けやすいのが大きなメリットです。
身体を動かすために運動時間を確保したり、毎食のカロリー計算をする必要もありません。
続けるだけで自然と体重減少が見込め、次第に痩せやすい体質へと変化していきます。

GLP-1ダイエットのデメリット

GLP-1ダイエットのデメリットには、次のようなことがあげられます。

  • 副作用がある
  • 治療費が高額
  • ダイエット法によっては併用できない
  • 短期間での劇的な減量は期待できない
  • リバウンドすることもある

GLP-1ダイエットは、副作用のリスクや、治療を続ける上で高額な費用が伴います。
また一般的なダイエット法との組み合わせによっては、健康を損なう原因にもなりかねません。
そのため体重目標や健康状態に合わせて、医師の指導の下で適切なダイエットプランを検討することが不可欠です。
こうしたデメリットも比較考慮した上で、GLP-1ダイエットを受けるか慎重に検討するようにしてください。

GLP-1ダイエットの注意点

GLP-1ダイエットは医薬品を使用する以上、健康状態や体質、薬の使用状況などによっては治療を受けられないこともあります。

治療を受けられない人

GLP-1受容体作動薬は、次に該当する場合には処方することができません。

  • 未成年
  • 妊娠中(その可能性がある場合も含む)
  • 授乳中
  • 糖尿病
  • 高齢者
  • など

また持病や体質などによっては、GLP-1受容体作動薬の使用が引き金で健康状態を脅かす危険性があるので使用はできません。

なお、クリニックによっては使用する薬が異なります。
これにより、GLP-1ダイエットを受けられる条件が変わることもあるのでご注意ください。
治療経験の有無を問わず、健康上で不安なことは医師に事前相談するようにしましょう。

飲み合わせに注意が必要な薬

糖尿病用薬
  • ビグアナイド系薬剤
  • スルホニルウレア剤
  • 速効型インスリン分泌促進剤
  • α-グルコシダーゼ阻害剤
  • チアゾリジン系薬剤
  • DPP-4阻害剤
  • SGLT2阻害剤
  • インスリン製剤
  • など

これらの薬とGLP-1受容体作動薬を併用すると、血糖降下作用が増強されてしまいます。
特に、「インスリン製剤」と「スルホニルウレア剤」は低血糖のリスクが増加するおそれがあるため、追加で併用となる際は必ず医師にご相談ください。

GLP-1ダイエットのまとめ

GLP-1ダイエットのまとめ
最後にGLP-1ダイエットの要点をおさらいしておきましょう。

  • GLP-1ダイエットでは2型糖尿病の薬を使用する
  • 続けやすくストレスフリーなダイエット法
  • 脳や胃、小腸などに作用して体重減少や体質改善する
  • GLP-1受容体作動薬には注射剤と内服薬がある
  • 短期間で劇的な減量はできない
  • 副作用や費用が高額といったデメリットもある
  • 健康状態や体質、薬の使用状況などによって治療を受けられない

GLP-1ダイエットの薬は2型糖尿病の薬ですが、GLP-1にはさまざまな生理作用があることから減量のために用いることもできます
ただ、医薬品には副作用リスクがあるので、安全に健康的に痩せるためにも医師の指導に従って治療を進めることが大切です。

表参道メディカルクリニックでは、メディカルダイエットの一環としてGLP-1受容体作動薬の処方を行っています。
肥満改善や体型の維持・コントロールが必要と感じた際は、当院までお気軽にご相談ください。

医療ダイエットについて
お問い合わせはこちら

よくある質問

Q:GLP-1の注射は痛くないですか?

注射針は細く、痛みを感じることはほとんどありません。
点滴などに用いる針の太さと比較しても、GLP-1注射の針が細いことがわかります。

<GLP-1注射と点滴の針の太さの違い>
点滴:21~23G(0.8mm~約0.65mm)
GLP-1注射:27G(0.4mm)

GLP-1注射は髪1本分ほどの太さしかなく、針が刺さる際に抵抗がよりなくなるように工夫もされているので痛みに対して大きな心配はありません。

Q:GLP-1ダイエットは1ヵ月でどのくらい痩せますか?

GLP-1ダイエットの体重減少効果は、1ヵ月で1〜2kgが目安です。
体重の変動には年齢や基礎代謝による個人差がありますが、食事管理や適度な運動を取り入れると減量効果をより実感しやすくなります。
ただし、一気に痩せようとはしないでください。
誤ったダイエット法の併用や薬の乱用は、体調不良や副作用を招く原因になりかねません。
医師に相談しつつ、計画的なダイエットプランを練るようにしましょう。

Q:GLP-1ダイエットはどのくらい続けるものですか?

元の体重から、どの程度の減量を希望するかにもよりますが、一般的には3〜6ヵ月が目安です。
治療期間中に平行して生活習慣も少しずつ見直していくと、治療を終えた後のリバウンドのリスクを減らすことができます。

Q:GLP-1ダイエットの内服薬を飲んでいますが痩せません。

内服タイプのGLP-1受容体作動薬は飲み方が少し特殊です。

・起床時の空腹状態で服用
・コップ約半分の水(120ml以下)とともに服用
・服用後から少なくとも30分は飲食を避ける

上記のルールを守れているか再確認し、それでも効果が得られないようであれば医師に相談するようにしてください。

Q:GLP-1ダイエットに依存性はありますか?

GLP-1ダイエットに用いる薬剤に対して、依存症の報告はありません。
医師の管理下であれば比較的安全に使用でき、ストレスなく痩せることが可能です。

記事の作成者表参道メディカルクリニック編集部
表参道メディカルクリニックの美容情報をお知らせ!メニューやお肌の知識のご参考にお読み下さい。まだ敷居が高いイメージのある美容クリニックをもっと身近に感じて貰うため、美容に馴染みのない方にも分かりやすく発信します。

自動応答電話の
ダイヤルボタン操作手順

電話をかけると音声ガイダンスが流れますので、受付内容を選択して該当する番号を押してください。

*音声ガイダンスの途中でもボタン操作可能です。
  • ① 脱毛のご予約 ⇨ 【1】を押す
  • ② その他のご予約 ⇨ 【2】を押す
  • ③ ご質問 ⇨ 【3】を押す
*お時間によってはお電話が混みあう時間がございますのでご了承ください
PAGETOP