自分が受ける美容施術の選び方!シワ・シミ・たるみ治療、それぞれ紹介!

美容知識・スキンケア

本コラムは「自分に合う美容施術の選び方」を紹介します。

シワ・シミ・たるみの施術選びに悩んでいる方はぜひお読みください。

悩みの症状がどのような原因で起こるのか、そしてその原因に対して、どの施術がどんな効果を与えてくれるのか、解説していきます。

動画でも解説
YouTubeにも美容施術の選び方についての内容をお話しています。ぜひご視聴ください。

(動画時間:約10分)

自分に合う美容メニューを探すのは大変

美容情報は、今やSNS、インターネット上にたくさんあります。多くの情報から自分に合う美容治療を見つけるのは大変でしょう。

これから「シワ治療」「シミ治療」「たるみ治療」の順番で、美容施術の選び方を紹介します。

シワを改善する治療の選び方

まずは治したいシワが「刻まれているシワ」なのか、「表情ジワ」なのかを考えましょう。

「表情ジワ」とは表情が動いたときに強く刻まれるシワのことです。

ここで言う「刻まれているシワ」は、普段の顔の力を抜いたときにも見えているシワのことです。

・表情ジワを改善する治療

表情ジワを改善する際にオススメの施術は「ボトックス注射」です。ボトックスには、表情によって変わる筋肉の動きを止める効果があります。

表情ジワは放置していると、やがてそのシワがある状態が普通になり、刻まれているシワに変わることも。

ボトックス注射で無意識の表情の動きを止めておけば、シワが強く刻まれるのを予防できます。

●ボトックス注射の説明はこちら

・刻まれているシワを改善する治療

刻まれているシワには、物理的にシワが作っている溝を埋めてあげる改善方法が考えられます。

溝を埋めるには、ヒアルロン酸注入やベビーコラーゲン注入がおすすめです。

ヒアルロン酸注入は、多種多様な質感を持つヒアルロン酸製剤から、その肌の感触に合う製剤を入れる治療。ヒアルロン酸で物理的にシワの凹みを押し上げ、ふっくらさせます。

●ヒアルロン酸注入の説明はこちら

ベビーコラーゲン注入は、赤ちゃんのようにプルプルのコラーゲンを入れる治療です。注入したコラーゲンは肌の美容成分を徐々に増やす効果も高く、肌自体がシワの凹みを埋める膨らみを手に入れます。

●ベビーコラーゲン注入の説明はこちら

シミを改善する治療の選び方

シミを改善する治療は、たくさん種類があります。シミ治療選びで主に考えることは「治したいシミの濃さ・範囲」と「肝斑であるかないか」です。

・狭く濃い範囲のシワを改善する治療

濃い黒ずみを消したい際によく用いられるのは「レーザーのスポット照射」です。

例えば当院の場合、ピコスポットなどが挙げられます。狙ったシミに対して集中的にレーザーを照射する治療です。

シミの原因であるメラニン色素を粉砕する力が強く、濃いシミを少ない施術回数で改善できます。

●メラニン色素の説明はこちら
●ピコスポットの説明はこちら

・薄く広い範囲のシワを改善する治療

色味の薄いシミは、スポット照射の反応が悪くなりやすいため、同じレーザー治療でも、レーザーの当て方はスポット照射ではなく「トーニング照射」がおすすめ。

例えばレーザー治療であればピコト-ニング。光治療であればフォトフェイシャルなどは、薄い色味のシミにも反応しやすいです。

広い範囲に弱めの出力で肌に光(IPL)を照射して、顔全体をトーンアップ。白く輝く肌を作れます。

●ピコトーニングの説明はこちら
●フォトフェイシャルの説明はこちら

まだシミが出来始めで濃さがなく、炎症を鎮静する程度の効果で良ければ「メソナJ」がおすすめ。肌に栄養をしっかり与えて、シミができにくい元気な肌を作ります。

●メソナJの説明はこちら

・肝斑を改善する治療

肝斑は加齢に伴って生じやすいシミですが、若い方にも生じることもあります。肝斑はデリケートなシミなので、刺激に敏感で、濃くなりやすいです。

例えば代表的なシミ治療ともいえるフォトフェイシャルでも、その刺激に反応して濃くなり、シミ改善とは逆効果になることが多くあります。

肝斑に対しては肝斑にも効く内服薬か、針と高周波を合わせたポテンツァという施術がおすすめです。

●肝斑の説明はこちら
●ポテンツァの説明はこちら

たるみを改善する治療の選び方

顔のたるみにはさまざまな原因があり、その原因によって効果を発揮できる治療は変わります。

例えば張りの低下によるものや、脂肪の重み、骨痩せによるものなど。

たるみは実際にお顔を見せて頂くことで、クリニックもその人に合う治療を提案しやすくなります。

・予防が目的の治療

たるも予防のベースとしては「ハイフ」のような機械を使った施術がおすすめです。

少し顔を引き締めておきたい、そんな感覚で予防をスタートできます。

●ハイフの説明はこちら

引き締めとリフトアップ、どちらもしっかり効果を得たい方は「糸リフト」もおすすめです。

●糸リフトの説明はこちら

・頬の重みを減らす治療

頬が脂肪などで重くなり、たるみを引き起こしているなら、脂肪を取り除くのがおすすめです。

例えば、脂肪融解注射はその名の通り脂肪を減らします。もしも大幅なボリュームダウンをお望みであれば、注射よりも脂肪吸引の方が効果が高いです。

・伸びた皮膚を改善する治療

たるみによって皮膚が下に落ちた状態を放置すると、皮膚がダランと伸びてしまうことに。

そんな方は、意外と皮膚の引き締めをするだけでもたるみが変わる場合があります。

・痩せた骨を改善する治療

骨が痩せることでその部分が凹み、たるみが生まれている方もいます。

そんな方は、ヒアルロン酸注入でリフトアップする方法がおすすめです。

骨自体を回復させるわけではありませんが、凹んだ部分をヒアルロン酸で埋めることができます。

施術選びに悩んだらドクター診察へ

どんな美容治療を選ぶべきかは、人によってさまざまです。

症状の原因は多種多様なので一概にこれとは言えず、ある患者様に効果的だった施術が別の人にも同じ効果を与えるとは限りません。

もし余裕があれば、さまざまなクリニックで専門家の先生から診断を受けみるのもオススメです。

たくさんのクリニックに行くことで、自分に合うドクターや費用帯を見つけやすくなります。

あなたにオススメの美容施術が分かる!

当院では、医師があなたのお肌を実際に見るほか、VISIAという美肌診断機で客観的に判断することもできます。

当院にはいろんなクリニックで話を聞いてから当院に来られる方、診察だけ受けに来る患者様も多数いますので、美容治療をお悩み中でも気兼ねなくお越しください。

来院のご予約はもちろん、電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

PAGETOP